Pocket

小さいうちは子供の側にいて、成長を見ながら家で働きたい。預け先がないから、働きたいけど外に働きに行けない。

家で仕事をしたい理由は家庭によりさまざまですが、赤ちゃんがいてもできる仕事を考えた時に、思いつくのは在宅ワークでしょう。

 

とはいえ、在宅ワークをしていて難しいと感じるのは時間の使い方。特に小さな子供がいて家事もしていると、仕事にあてる時間はかなり限られてしまいます。そのうえ、周りからは仕事をしていると認識されにくいというデメリットがあります。

 

在宅ワークが赤ちゃんと一緒にできる仕事であることは間違いありません。

しかしながら、「スマホやパソコンで遊んでばっかり!」と、周りからは誤解されやすいのも事実。だから、時間の使い方がポイントになってきます。

 

隙間時間に稼ぐなんて無理かも...。」とお悩みのあなた。諦めてしまう前に、仕事の時間を自らつくり出し、育児との両立を目指しませんか?在宅ワークなら可能です。今回は、時間を作り出すヒントをお届けします。

 

 

子育て在宅ワーカーの上手な時間の使い方とは?

 

まずは、時間を整理することからはじめましょう。なぜなら、時間をうまく管理しないと育児や家事、仕事のすべてが中途半端になってしまい、自分のペースで働けるという在宅ワークの良さを活かすことができません。

 

また、仕事に時間をとりすぎ深夜まで作業するということを繰り返していては、あなたの体力や集中力が低下し、家事や育児との両立は難しいものになってしまいます。だからこそ、できるだけ睡眠時間を削ることなく、今の生活に支障が出ないよう無理のない範囲で時間をつくることが大切です。

 

ここからは、実際に私が行っている時間の使い方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

作業する時間を決める!

1日の中で在宅ワークにあてる時間をあらかじめ決めてしまうこと。私の場合は、子供のお昼寝の間に1~2時間、夜寝かしたあとに1時間ほど作業し、1日2~3時間は確保するようにしています。子供の起きている間はできるだけ相手をしてあげたいので、子供が寝ている間だけ仕事をすることに決めました。

 

その代わり、家事は子供が遊んでいる間にパパッと済ませて、家事をしながらも作業の内容を考えておくことで、時間になったらすぐ作業できるようにしています。仕事できる時間が限られていても、ダラダラせず集中して進めることができるのでオススメです。

 

また、子供のお昼寝が短かった日は、その分夜の作業時間を長めにとり、1日の作業時間にあまり偏りが出ないよう調整しています。

ほかには、育児や家事をしている間に仕事のアイディアが出てくれば簡単なメモだけ残しておく、身支度は整えておく、下調べをしておくなどの工夫です。

 

スキマ時間を活用して少し工夫することで、在宅ワークの時間に考えたり動いたりする時間を減らし、作業だけに集中して仕事できるようにしています。

 

 

 

夫の休みを有効活用する!

仕事が立て込んでいるときは、夫に協力してもらうこともオススメ。私の旦那はありがたいことに子供とよく遊んでくれるので、休みの日はまとまった時間を仕事にあてることができるのです。仕事の納期が迫っている時や集中して終わらせたい時は、子供の面倒を見てもらい違う部屋で作業するとはかどります。

 

もちろん、家族との時間も大切にしたいので、のめり込みすぎないよう時間を決めて仕事を終わらるようにしています。

旦那にとっては、せっかくの休み。在宅ワークを理解してくれているとしても、協力を頼もうと思ったらバランスが大事ですよね。

 

子供の成長に合わせて臨機応変に!

子供が生まれてしばらく経つと、生活リズムがだいぶ安定してくるので仕事の時間を固定しやすくなります。また、幼稚園に行ける年ごろになれば、午前中にまとめて仕事をすることも可能になります。在宅ワークのメリットの一つは、自分で時間を調整できるところ。

 

子供の成長に合わせて作業時間を変えていくことで、在宅ワークでも十分稼ぐことができるようになるのです。

子供が小さい時は、手がかかることも多く思うように仕事を進められないかもしれません。ですが、それはパートであっても同じこと。

 

突然の熱や行事があるたびに「すみません」と言って、休むことに気をつかわなくていいので、ありがたいと感じています。

思うように進められなくても、コツコツとできることをしましょう。

 

 

赤ちゃんがいてもできる仕事をしたい!

 

赤ちゃんがいてもできる仕事は多々あります。望む収入の金額によって働く時間は変わるとしても、赤ちゃんがいても問題なく働けます。

ただ、家にいると緊張感がなく「つい...。」という誘惑に負けることも少なくありません。だから、自己管理がカギだということ

 

私は子供を保育園に預けて働くつもりでしたが、待機児童の多い地域ということもあり保活に疲れ、早々に諦めてしまいました。

 

それに、やはり子供の成長を自分の目で見られるのはうれしく、幼稚園に入れるようになるまでは自宅で育てたいと思うようになり、家にいながら働くことを決意したのです。

 

しかし、実際に在宅ワークをやってみて感じたのは「時間ができたから仕事でもやろう」というスタンスでいては、十分に稼ぐことはできないということ。「時間がほしければ自分でつくることだ」とはよく言ったものですが、確かにそのとおりだと実感しました。

 

ちょっとしたスキマ時間にお小遣い稼ぎでもしようと在宅ワークをはじめても、誰でもできるような簡単作業は、かなりの数をこなさないとお金になりません。かといって、本腰を入れて仕事をしてしまうと、今度は育児や家事がおろそかになってしまいますね。

 

赤ちゃんと一緒にいながら働くためには「スキマ時間で楽に稼ぐ」という考えを捨て、自分で仕事の時間をつくり出すことが大事になってきます。計画を立ててコツコツと取り組みましょう!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?赤ちゃんがいてもできる仕事である、在宅ワークなら育児と仕事を両立することができます。なぜなら、自分のペースで進められるから。

とはいえ、子供がいながら家事をしていると仕事できる時間はかなり限られてしまうので、在宅ワークで稼ぐためには時間を作り出すことがポイント。

 

自分や子供の生活スタイルに合わせて仕事の時間を固定し毎日続けることで習慣となり、作業が進みやすく効率もよくなっていきます。

また、時間を決めることでプライベートと仕事をはっきり区別できるので、生活にメリハリが出て充実した日々を過ごせるのです。

 

在宅ワークの良さを最大限に活かしつつ、子供の成長を側で見守り、育児と仕事の両立を目指しましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後の励みになりますので、ポンっと応援してくださると嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング