Pocket

 

キャッシュレスって便利そうだけど、最初の手続きが面倒くさそうだな...。

こんな風に思うことはありませんか?キャッシュレス決済は、割引があるなどお得になることが少なくありません。

 

だから、電子マネーやクレジットカードでの支払いをする方が増えているのは事実。しかしながら、電子マネーやQRコード、クレジットカードなど、種類が多すぎて、どれで決済したらいいのか分からないという方も多いです。

 

そこで今回は、現金で決済するよりお得な理由も分かる、主婦がキャッシュレス決済をお得に活用して節約できる方法についてお届けします。

 

キャッシュレス決済のメリット5つ!

 

現金での家計管理をしていると、すべてキャッシュレス決済にしてしまうことに抵抗がある方もいることでしょう。

実際に、私も抵抗がありました。しかしながら、それも最初のうちだけです。

 

レジが早い!

お金を出して数えて、また数えてからお釣りをもらうという流れが、シュッとわずか数秒で決済できます。小銭があったはず...と探すだけでも手間ですが、1円単位までスムーズに会計をしてくれるのです。

 

小さな子供と買い物に行くと、お金を出してくれたりお釣りを受け取ってくれたりと時間がかかります。普通にレジをする時の半分くらいに短縮できるので、急いでいる時などは断然キャッシュレスが早いです。

 

財布が軽い!

なぜかすぐにパンパンになっていた財布。キャッシュレスにしてから、パンパンになることが少なくなりました。

レジで1円も使うからと思っていたのが不要になり、小銭は家にある貯金箱に回すようになったからです。

 

 

身軽におでかけ!

財布を持ち歩かなくても、普段の買い物はスマホでも大丈夫です。ちょっとしたお出かけにも財布と鞄がセットでしたが、スマホだけで出かけられるようになりました。

 

スマホで決済できない時は買い物をしないので、無駄遣いが減ります。カバンが重いとダラダラと歩いていたのが、身軽になって早く歩けるようにもなりました。目的のものだけを素早く買うのも、無駄遣いが減る理由のひとつ。

 

家計の管理がラク!

細かい家計簿をつけるのは苦手ですが、引き落とし口座を1つにまとめることで画面上で楽に管理ができます。

 

恥ずかしながら、子供たちが財布からお金をとっていくこともあったのですが、お金が入っていないので財布を触られることもなくなりました。

 

 

ポイントが貯まる!

支払う金額が同じでも、支払い方法によって還元があるのでお得です。現金なら払って終わりですが、キャッシュレスにすることで支払い金額の20%が還元されることも。使えば使うほどお得なのです。

 

なぜそれほど優遇されるのか、不思議になりますね。というのも、国としての考え方がキャッシュレスを推奨しているからなのです。利便性の向上だけではなく、不透明なお金の流れをなくして税収をあげるという目的があります。

 

つまり、個人のお金の流れがデータとして利用されるということでもあります。だからこその、優遇です。

このようなメリットからも、キャッシュレスは現金よりも貯金ができるというのが分かるのではないでしょうか。

 

キャッシュレス決済の方法3つ!

 

まず、キャッシュレス決済とは、現金以外の方法で支払うことです。決済方法としては3つあります。お財布に現金が入っていなくても買い物ができるので、あわててATMを探す必要がなく便利ですね。

 

キャッシュレス決済と一言でまとめましたが、クレジットカードから、交通系ICカード、タッチカード決済、QRコード決済、流通系ICカードなど、たくさんの種類があります。

 

キャッシュレス決済を行うことで、ポイントが還元されたりしてお得になることが少なくありません。中には、キャンペーン中で高還元のものもあります。これは主婦にとっては、ぜひ活用させたいものです。

 

プリペイドでの「前払い」

前払いは、事前に現金をチャージして使う電子マネーです。クレジットカードのように、後から金額を請求されるものとは違います。

 

交通系ICカード(Suica.ICOCA.PASUMOなど)、流通系ICカード(楽天エディ.nanaco.WAONなど)が事前に前払いでチャージして使う主な電子マネーです。

 

リアルタイムペイ「即時払い」

この方法は手続きと同時に残高から引かれる方法です。デビットカードや、QRコード決済(ペイペイ、楽天ペイ、メルペイなど)があります。スマホを使っての決済方法が多く、スマホの充電が切れていたらこの方法は使えません。

 

また、だんだんとコンビニなど使える場所も多くなってきています。とはいえ、スーパーなどまだまだ利用できるお店が少ないところも多いです。

 

還元率が高いキャンペーンも多いので、クレジットカードと電子マネーと併用してうまく使うといいですね。また、引き落としの銀行をまとめると管理が楽になりす。

 

ポストペイ「後払い」

これはクレジットカード決済になります。電子マネーやQRコード決済に比べると使えるお店も多く、高額の金額を後払いで使うことができます。

 

どれも同じような形態に感じますが、前払いと即時払いは使いすぎる心配がないため安心です。

3つのキャッシュレスの方法を理解して、うまく利用すると、やりくりも上手にできて、節約につながります。

 

キャッシュレスを選ぶときのコツ!

 

コツをつかんでうまく使いこなせると、お得なことが多いキャッシュレス。その電子マネーを上手く使うコツをご紹介します。

 

使える電子マネーを選ぶこと!

買い物は近くのスーパーを利用することが多いですよね。よく利用するスーパーで使える電子マネーを選びましょう。というのも、店舗によって使える電子マネーが違います。

 

  • 楽天エディ。
  • WAON。
  • ID
  • 交通系電子マネー。

 

使える電子マネーで多いのが、このあたりでしょうか。お店によって、ポイントの付き方なども違ってきます。

 

スーパーだけではなく薬局なども電子マネーを使えることろは多くなってきているので、普段よくいく店舗では、どの電子マネーが使えるのか確認することが大切です。

 

還元率を考えること!

キャッシュレス決済では、ポイント還元ができてお得なのが魅力です。コンビニでは使える電子マネーも多いので、

還元率だけで購入してしまいがちですが、本当にお得なのか値段を見て考えることもしてみてください。

 

ポイントは付かないけれど、値段は安いものだってあります。還元率が良くても、元の値段が高すぎるとお得ではありませんよね。そして、還元もあり、カードにポイントもつく場合もあります。

 

どちらがお得なのかを考えて使うことが、確実な節約につながります。お得で利便性の良い電子マネーを見つけることが一番のうまく利用できるコツです。

 

電子マネーの上手な活用法

 

電子マネーをうまく使うコツなどを理解したうえでの、活用法をご紹介するので参考になるところがあれば嬉しいです。例として、近所のスーパーでは楽天エディとnanacoが使えるとしましょう。

 

そして、いつも日用品を購入するドラッグストアではIDが使えるとします。食費4万円、日用品2万円を1ヶ月の生活費として予算をたてるとすれば、簡単に分けることができます。

 

楽天エディに2万円チャージ、nanacoに2万円チャージ、IDに2万円チャージすると家計の振り分けが電子マネーでできます。支払った金額がしっかりと分かるように、レシートは必ずもらって毎回チェックしましょう。

 

万単位での大きな金額のチャージは不安という場合は、1週間に使う金額だけをチャージしていく方法もお勧めです。この方法で利用していくと、ポイント還元などもお得に活用できます。

 

ひとつ注意しておくことと言えば、オートチャージのできる電子マネー。オートチャージ機能は、クレジットカードのように使いすぎてしまうと大変ですので、お勧めはしません。

 

不安な方は事前にチャージする方法で、活用するようにすれば良いでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回は、キャッシュレス決済について、うまく活用して節約する方法についてお話しました。

主婦にとって節約生活は欠かせません。

 

電子マネーをうまく使いこなすことが出来ると、お会計などもストレスフリーで快適になりますよ!また、キャッシュレス決済という便利な時代になってきているので、時代に合ったライフスタイルでうまく活用していきましょう。