Pocket

 

この先、いったいどうなっていくんだろう...。このように考えて不安になることがありませんか?

引きこもりの原因は様々あります。これといった原因があったり、特に原因が見当たらなかったりしますよね。

 

しかし、自分で「このままではいけない。何か収入源を探りたい!」と考えている方は少なくありません。

私は引きこもりと言うほどではありませんが、用事がなければ数日家から出なくても平気なタイプです。

 

子供がいるから、出ることも多いというだけ。反対に、子供が小さい時は、子供がいるから出られないということもありました。

出たくても出られないというのは、ストレスを感じることもあります。

 

また、子供が不登校だった時期もあり、このままだとどんな可能性があるのか、自立するために何ができるかということを考えました。今回は、引きこもりでも、無理なくできる仕事をご紹介します。

 

引きこもった状態で出来る仕事7選!

 

ブログを収益化させる。

ブログアフェリエイトは、誰でも簡単に始めることができる仕事です。ただし日記を書くことだと、勘違いしてはいけません。

悩みを解決したい誰かのために記事を書いていくのです。

 

たくさんの読者を集めるブログを運営していれば、記事を通して商品を販売したり広告収入を得ることができます。

パソコンがある方が良いですが、ネット環境があればスマホだけでもすぐにでも始めることができるほど、入り口は広いです。

 

転売・せどりで収益化させる。

自宅にある不要なものを売ることで、収入を得るところから始められます。これなら、ノーリスクで始めることができるでしょう。

仕入れ値と売値がの差が大きいほど、大きな利益になりますね。

 

新品でも、不要だからゴミにしようと思っていたものが売れると嬉しいもの。また、子供の服はすぐにサイズが変わるしたくさんの量が必要なので買うとなると大変ですが、リサイクル品は安く大量に手に入るので重宝します。

 

捨てるには愛着もあるしもったいない、という時にも使ってくれる人がいると助かるものです。このように、お互いのニーズが合っていることがポイントだといえるでしょう。

 

不用品ではなく、自分で一度安く仕入れて、高く売る方法もありますが、この方法は在庫を抱える危険性があることを知っておくべきです。そんな方には、バイマという在庫を抱えることなく転売ができるサイトがおすすめ。

 

ハンドメイドを売って収益化させる。

手先が器用で、オリジナルの作品を作ることができる方なら、ハンドメイド作品を売り出す方法もあります。

自分の作品をネット上で販売すれば、わざわざお店に売り込みに行く必要もありません。

 

自分のホームページをもてば、そこでいつでもどこでも誰にでも、売り出すことが可能なのです。

「自分でホームページなんて作れない!」という方のために、代わりにホームページを作成してくれるサイトもあります。

 

出来ること、出来ないことをうまく分けて、人の力も借りれば、売り出して収入を得ることも可能でしょう。

もちろん、ネット上だけで完結します。

 

 

クラウドソーシングで業務を請け負って収益化させる。

クラウドワークスやランサーズと言った有名なクラウドソーシングサイトをご存知でしょうか?

登録をすれば、様々な仕事を受注していくことができます。短期バイトや派遣で登録して働く方法のネットバージョン。

 

私は、そんなイメージを持っています。仕事もいろいろな種類があり、データ入力・プログラミング・ブログの記事作成・転売のお手伝い・写真・覆面調査・声を売る仕事...。ざっと書くだけでも、いろいろあると分かっていただけるのではないでしょうか。

 

自分の得意とすることを選択して仕事にできるので、おすすめです。スマホさえあれば出来る仕事もありますし、面接も履歴書も必要のない仕事もありますので、登録してみるだけでも大きな1歩になることは間違いありません。

 

また、クラウドソーシングサイトに登録しておけば、前払いシステムを導入しているので、「仕事をしたのに給料が未払いのままで困った。」なんていう心配はありませんので、安心して仕事を請けることが可能です。

 

特技を売って収益化させる。

たとえば、占い。占いに興味がある方なら、占いをする方法もあります。ココナラというサイトで、「占いします。」というように売り出すことができます。

 

初めはなかなか収入にならないかもしれませんが、だんだん固定客がついてくると、収入を見込める可能性は高くなります。

わざわざ、占って欲しい方と会う必要がないので、インターネット環境があればどこにいても始めることができるのが良いところ。

 

「ありがとう。」と言われることで、自分の承認欲求が満たされ、新しい活力が湧いてくるかもしれません。

 

NOTEを売って収益化させる。

自分の体験や知識に自信がある方なら、あなたのその知識を音声・動画・画像・文章にして価格をつけて売り出すことが可能です。

文章を書くのは大変でもかなりの収益を見込めるので、本腰を入れて収入を得たい方におすすめ。

 

採点・添削をして収益化させる。

予備校の模試や塾のテストを採点・添削する方法もあります。自宅に手書きの答案用紙やスキャンされた答案用紙が送られてくるので、マニュアル通りに採点・添削をしていくのです。

 

このお仕事もパソコンがあれば可能なので、コツコツとした仕事が好きな方や勉強を教えるのが好きな方におすすめです。

 

引きこもりはあなたひとりじゃない!

 

 

引きこもりになって、仕事をせずに家にいる人は日本全国にたくさんあり、そういった方を支援する事業も様々存在しています。

自助会や当事者会

自助会や当事者会は、引きこもり当事者や経験者から構成されている会のこと。自分と同じ気持ちを抱える人達の集まりに参加するだけで、気持ちが安定すると考えられるし、外部とのつながりを持つことで、仕事探しの情報収集をすることができます。

 

経済的支援

生活が厳しい場合は、医師の診断書や自治体の審査などがあるのですが、障害年金や生活保護の利用が可能な場合があります。

また、就労支援が受けられることも。就労移行支援事業所では、求職から就職までのサポートを受けることが可能です。

 

そこで、ビジネスマナーやパソコンのスキルを上げることも可能であるということ。

これらの支援を上手く活用してくことも、頭に入れておいてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、うちの子は朝は苦手...というところから、学校を休みがちになり行けなくなってしまいました。

それが中学生の時。高校生になれるのかと心配でしたが、定時制に通うことで頑張れるようになったのです。

 

正直なところ、私としては「子供が定時制なんて嫌だ。」と思っていました。しかしながら、本人にとってどうすればいいのか考え、「当たり前」という枠を壊すことで、新しい世界が開けたと思っています。

 

参考:初心者がネットで稼ぐ方法は?ネット副業は楽に稼ぐことができるのか?

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回は、引きこもっていても収入を得る方法を7つご紹介しました。

どの方法もインターネット環境が整っていれば、始めることができる仕事です。もちろん外に出る必要は一切ありません。

 

また、引きこもっていて生活に困っているなら、受けられる支援もあるので参考にしてみて下さい。

自分で稼ぐことによって自信がつくし、周囲への遠慮から解放されてあなたを自由にすると信じています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後の励みになりますので、ポンっと応援してくださると嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング