Pocket

 

ツイッター始めてみたいけど、どうすればいいのかよく分からない。ツイッターで稼げるってどういうこと?

こんな風に思うことはありませんか?私は、登録だけして長い間開くこともありませんでした。

 

なぜなら、Twitterからの収益化がイメージできず、なんとなく後回しにしていたからです。

しかしながら、ブログへのアクセスが減ったこともあり、なにかアクセスを増やすための施策はないかと考えました。

 

そして、Twitterも取り組むことにしました。広告費をかけなくてもアクセスが増えたら嬉しいと思ったからです。さらに、硬くなりがちな文章が柔らかく書けるようになるかもしれないと考えたからです。

 

今回は、覚え書きをかねて、私のような始めたばかりの方に向けてツイッターでフォロワーさんを増やす方法をご紹介します。

 

フォロワー1000名までにやったこととは?

 

私がやってきた行動をまとめます。基本はくり返すこと。確かめるために、放置しているアカウントがあったので、やってみました。マイペースなのでわずか数日で達成とはなりませんでしたが、1ヶ月もあれば誰でも十分できます。

 

自分から動くこと。

いいねは自分から。自分がされて嬉しいことは相手にも喜ばれることだと考えます。だから、自分からリアクションすることが大切です。具体的には、いいねとリプをする。お返ししてくれる方も少なくありません。

 

「ツイートする」ボタンを押すときはドキドキしますが、待っていても誰も気にしてくれません。芸能人など知名度があればまた違うのでしょうが、そうではないので、まずは気づいてもらうことが大切です。

 

できるだけ親しみやすくなるように、読みやすくなるように、絵文字や段落を使って漢字が続かないように意識をします。たくさん同じ内容をツイートしたらスパム扱いになるそうなので、少しずつ変えるようにしています。

 

挨拶をすること。

リアルでも仲良くなるきっかけは挨拶からですよね。自分の名前を呼ばれると反応しちゃうもの。だから最初は名前で呼び掛けてから挨拶をします。毎日していると早く覚えてもらうことができて、自分が嬉しかったです。

 

匿名性が高いとはいえ、Twitterでも気配りは必要です。前向きな言葉使いや気配りなどを盛り込みます。元気がなさそうなツイートなら「大丈夫?元気出してね!」と、プラスで一言あるだけで印象はおおきく変わると思いませんか?

 

企画に参加すること。

相互フォローで見た目の数字だけ増やしても意味がないという意見もあります。私もその通りだと思っていました。

しかしながら、自分がツイッターを始めた目的はブログへのアクセスアップも含まれています。

 

であれば、どんな人が訪れてくれるか分からないので分母は大きい方が良いと考えました。また、「いいね」を押してくれる人が増えるとその分だけ拡散もされます。だから、私にとって企画に参加することは無駄ではないのです。

 

100人増えるごとに感謝企画をと思っていた時期もありました。とはいえ、フォロワーさんが少ないと応募もありません。モチベーションは下がりますね。だから、企画に参加させてもらえる方が近道だと感じました。

 

その中から、新しいつながりが出来ていくので、ただの相互フォローで終わらせるかどうかは自分次第です。

 

 

Twitterを始める前に。

 

まずは趣味で楽しみたいのか、なにか目的があるのかを確認してください。ここでは、最初に私のような方に向けてとお伝えした通り、なんらかの目的があるものとしてお話します。

 

誰に何を伝えるのかを決める。

「誰に・何を」これが重要です。自分のどんな面を見せたいのか。価値を提供すると考えた時に、どんな人物像が必要か。どんな価値を提供できるか。人は習慣になると安心を感じます。

 

同じ内容で、言い方や表現方法を変えて繰り返すことで、この人はいつもこんなことを言っている人と覚えてもらえます。毎回「前向きな人」「元気な人」など自分の軸をぶらさないようにすると、発信内容も考えやすくなります。

 

誰に、何を伝えたいのかが分かっていないと、誰にも何にも伝わらないのです。とはいえ、私も「誰に・何を」と決めているのですが、なかなか難しいです。

 

こんな時は、言いたいことや思いついたことを書いた後に「誰に・何を」にあてはめて、一言付け加えるようにしています。私の場合は、ブログのアクセスを少しでも伸ばしたいので、ブログのターゲットと同じ人に向けてです。

 

うっかりしてしまうので、意識づけの練習にも役立ちます。

 

ツイッターを始めるメリット5選!

 

私が感じるメリットをまとめます。メリットが大きいと感じるほど楽しく続けることができます。自分の中ではどんなメリットがあるか考えてみてくださいね。

 

まとめる力がつく

140文字という限られた文字数のなかで、読んでもらえるように書くというのは意外と難しいです。ダラダラとした文章では誰も見てくれない。だから、構成、言葉の言い回しなどを、考えます。

 

一般的には文章を書く時は「起承転結」ですが、読む気のない人に読んでもらうには「結」をはじめに持ってきて興味をもってもらうことが大切。私はなかなかできなくて、毎回いまだに読み返しては修正します。

 

文字にして伝える力がつく。

普段の夫婦の会話などで「今日はどんな1日だった?」と聞かれて「べつに。いつも通り。」と返事に困ることはありませんか?私はこのタイプで、旦那からは「聞いても、いつも通りって言うの分かってるけど。」と言われてました。

 

そんな私でも、ツイッターで何かを伝えようとすることで、いつもの事柄を切り取って言葉にする力がつきました。

同じ事柄でも、「ふーん。」で終わらせるのはもったいないこと。文字にして伝えることの大切さが分かります。

 

コミュニケーションの力がつく。

当たり前ですが、文字のやりとりではなく文字の向こうには人がいます。画面を通じてちゃんと人柄が伝わるもの。仕事やリアルと同じで、挨拶や礼儀は大切です。表情が見えなくて文字だけなので、難しいところかもしれません。

 

しかしながら、メルマガやブログなどと違い相手の反応が分かりやすいので、ちゃんと人がいると理解することができます。絵文字を多く使ったり、くだけた言葉づかいにするなど、場の雰囲気に合わせることもリアルと同じ。

 

仲間ができる。

のんびりマイペースで楽しむ人もいて、もちろん普段のやりとりからも仲良くなる方はいます。ですが、なにか目的をもってTwitterを頑張っている人は企画に参加していることが多いです。

 

一緒に喜んだり励まし合ったり、文字のやりとりだけなのに心まで動かされます。企画に参加することで仲間意識は高くなると感じています。

 

自分で企画をすると、誰も参加してくれなかったらどうしようと不安です。そんな時でも、誰かの企画にお邪魔することでステキな方と繋がることができました。

 

ブログなどへの流入を増やせる。

プロフィールや固定ツイートにブログやLINE、noteのURLを貼り付けている方が多いです。ブログの添削企画やプロフィールに自分のブログURLを貼ってみましたが、毎日少しづつですが見に来てくれる方がいます。

 

単純計算でもフォロワーさんが2倍、3倍と増えたらブログへのアクセスも今より増えると考えられます。また、増えると実感できたらお知らせいたします。

 

収益化をめざせる。

フォロワーさんが1000名未満でも、特技やスキルをいかして収益化に成功している方もいました。フォロワーさんが少ない方の収益方法としては、note販売やココナラでのスキル販売が多いように感じました。

 

フォロワーさんが多くなると、それに加えてサロン運営や拡散のスポンサー募集などもあるようです。ちなみに、このようなフォロワーさんが1000名になるまでのノウハウもnoteで販売されています。

 

普通なら、メルマガなどに登録をして何通かやりとりがあって商品のおすすめが届きます。何通かのメールで信頼関係を築いたうえでセールスです。ところが、プロフィールからnoteに行ってポチっと購入...しました。

 

なぜ買ったのかを考えてみると、決済方法がタップするだけで簡単だったこと、普段のツイートから人柄などが分かること、完全に自分のタイミングであることで、メルマガでのセールスよりハードルが低いのではないかと感じました。

 

そして、普段のツイートがメルマガでの信頼関係を築く部分になっているのではないかと考えます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回は、ツイッター初心者ができるだけ早くフォロワー1000名になるまでの行動をお届けしました。

やり方によっては、フォロワーさんがゼロでもバズるツイートは作れるし、ブログへの流入もうながせます。

 

ただ、あれこれ難しく考えて手が止まるくらいなら、これをくり返して母数をあげてしまう方がいいですね。ブログとの相性もいいので目的をもって始めましょう。絡む人が増えると楽しくなるし、習慣になって続けやすくなります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後の励みになりますので、ポンっと応援してくださると嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング