Pocket

 

子供がいても仕事がしたい!そう考えた時に、在宅ワークはとても魅力的です。

出社不要で、空いてる時間に自分のペースで仕事を進められるので、突然の子供の体調不良にも遠慮せず休むことができます。

 

私は、朝のバタバタにゆとりがあるだけで幸せな朝だと感じるので、出社不要というのは嬉しくありがたいところ。

在宅ワークと言えば単価1円未満の内職だけ、という印象を持っていましたが、今はそんなことはありません。

 

子供がいるからこそお金もかかるし、家事や育児以外のことをすることで気分転換にもなるので働きたいですよね。

そこで今回は、在宅でできる仕事のおすすめを5つ、それぞれのメリットとデメリットについてもご紹介します。

 

在宅で簡単にできる仕事5選!

 

オークション・せどりなどの物品販売

家にある不要品をネットで売り出す、売れそうな商品を購入してきて売り出す仕事です。不用品であれば、家を片付けながら収入につながる嬉しい仕事。

 

メリット

  • ネット環境があれば、比較的簡単に始めることができる。
  • 子供がいても出品して、やり取りするなど隙間時間で可能。

 

デメリット

  • 梱包作業や落札者とのやり取りが必要。
  • 必ず売れるという保証がないため在庫を抱えることがある。

 

クラウドソーシング

スマホやパソコンで業務を請け負う仕事です。仕事の幅はとても広く、データ入力、文字おこし、イラストや写真、記事作成などから自分にあった仕事を選ぶことができます。

 

メリット

  • 子供がいても自分の得意分野で稼ぐことができる。
  • 単価の高い仕事をしていけば、高い月収が見込める。

 

デメリット

  • 最初から高い収入は難しい。
  • 怪しい仕事や単価が非常に低い仕事もあるので注意が必要。

 

ポイントサイト

スマホの簡単な操作でポイントを貯めることで収入につながります。一定の額を貯めれば、現金に換えられたり、商品を購入するポイントとして使うことが可能になるのです。

 

メリット

  • 自分のよく使う商品のポイントを貯めれば、家計も助かる。
  • ポイントが2重に入ることがある。
  • お得な使い方をマスターすれば高いポイントが得られる。

 

デメリット

  • 簡単な操作でポイントになるためにのめり込みやすい。
  • 家事や子育てよりもポイント集めに集中してしまう。
  • スマホを長時間使用するため眼精疲労、肩こりの原因になる。

 

メールレディ

メールレディサイトに登録しておくと、メールが届くので対応をする仕事です。チャットレディのように、顔を出す必要がないので人気があります。

 

メリット

  • メールだけのやり取りなので、個人情報は守られる。
  • 子育て中でもスマホだけで稼ぐことが出来る。

 

デメリット

  • 信頼できるサイトに登録しておかなければ危険なこともある。
  • 時々おかしなメールがくることもあるので注意が必要。

 

内職

在宅で、商品の袋詰めや商品の梱包など簡単な作業を行います。簡単な作業なので、特に知識など必要ありません。

もちろん在宅での作業もできますが、会社内の冷暖房完備のなかでも作業ができる仕事もあります。自分好みの働き方が選べます。

 

メリット

  • 簡単な作業が多いので、単純作業が得意な方にはおすすめ。

 

デメリット

  • 時給にすると収入が低くなる傾向がある。
  • 運転免許が必要な場合が多い。

 

在宅ワークを見つける上で注意したいこと3つ。

 

在宅で出来る仕事を5つ紹介してきましたが、どれにも共通して言える注意点をご紹介します。

初めから簡単に稼げない。

どの方法でも、かなり高収入を得ている人はいます。しかし、最初の頃は、全く稼げないことがほとんどです。どのような働き方で稼げるようになったのか、お手本にするのはいいのですが、「自分にもできる!」と軽く考えるのは、注意が必要です。

 

新入社員としての立場を考えてみてください。最初は研修があり、知識やマナーを学びます。下積み時代は必ずあるもの。

ネットだから簡単、ネットだから何でもいい、そんなわけありません。

 

甘い誘いには乗らない。

どの仕事も、「始めは稼げない」ことを念頭においておきましょう。「簡単作業で高収入!」「○○のみで月収30万!」「たった○○するだけ高収入!」など魅力的な言葉で、怪しい仕事をさせられることもあるので気をつけましょう。

 

甘い言葉に乗ってしまう人は、騙されやすい傾向にあるといえます。「怪しいな。」「やばいな。」と思ったら、立ち止まって引き返すことも大切だということ。なんとなく進めてしまって、思いもよらなかった事態にならないよう注意が必要です。

 

無理をしない。

在宅で仕事をしていると、家事と育児と仕事とで、線引きが難しくなってきます。家でできることはメリットでもありますが、デメリットとなる面でもありますね。自分でルールを決めたうえで、仕事を進めていきましょう。

 

また、スマホやパソコン作業などは、目だけではなく、首や肩といった体にも負担になります。

女性は何かとストレスが原因で体の不調が現れやすいです。ご自身の体調と相談して、無理をしないことも大切な仕事だと言える。

 

そしてもう1つ、仕事をしたらしただけ収入になるので、ついのめり込んでしまうことが少なくありません。

たとえば、子供が寝てから深夜遅くまで仕事をしてしまったり、子供が泣いていてもお構いなしで仕事に夢中になるのです。

 

それでは、何のために働きたいのか本末転倒になってしまうので、在宅ではなかなか切り替えが難しいとはいえ、のめり込みすぎないように意識しましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

在宅でできる仕事を5つ紹介しました。朝のバタバタを軽減させる以外にも、在宅で仕事をするメリットはありますね。

 

①物品販売②クラウドソーシング③ポイントサイト④メールレディ⑤内職、それぞれにメリットとデメリットがあるのでよく考えて仕事を選びましょう。また、共通して注意することもあります。

 

  • 初めから簡単に稼げない。
  • 甘い誘いには乗らない。
  • 無理をせずのめり込みには注意。

 

保育園に入れなくても、在宅で安全に安心して、稼ぎましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後の励みになりますので、ポンっと応援してくださると嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング